税理士費用

税理士費用の見直し、現実的な2つの方法

毎月かかってくる税理士費用、以下のようなことでお悩みではないですか?

税理士費用のお悩み

■税理士の顧問料が高い気がする。

■税理士の顧問料に相場ってあるの?いくらぐらいなの?

■同じ税理士で同業種の顧問料が違うってあるの?

 じつは、税理士の顧問料は言い値で契約している人が数多くいます。
さらに、同じ税理士で同業種・同規模の顧客の顧問料が違うことも十分あり得ます。

税理士の顧問料は月額の固定費なので、見直すなら早めにしないと、どんどん支出は増える一方です。

 そこで、この記事では、

この記事の内容

✅税理士費用の現実的な2つの見直し方法

✅税理士紹介サイトを使って税理士費用を見直した事例

といった内容を税務の実務に通算18年従事した私が経験者視点でわかりやすくお伝えします。

もし、あなたが顧問税理士の税理士費用が高い気がする、税理士変更した方がいいのかな?と思っているなら、そのヒントになるので、どうぞ最後までお付き合いください。

結論から言うと、税理士費用の現実的な見直し方法は次の2つです。

  • 税理士に顧問料の値下げをお願いする
  • 税理士を変更する

税理士の顧問料の相場

税理士費用の見直し方法の前に、一般的な税理士費用について触れておきます。

じつは、税理士費用は会社の規模や関与度合いによってまちまちなので、画一的にいくらとは言いにくいものなんです。

とはいえ、基準がないと「高い」か「安い」かの判断ができないですよね?

そこで、私の経験測から判断する税理士費用の相場をお教えします。
平均すると月額3万円、決算料が月額顧問料の4~6ヶ月分です。

これより高いと、ちょっと払い過ぎかもしれません。

税理士の顧問料の見直し方法

税理士の顧問料が高いとき、見直す方法は二つしかありません。

  • 税理士に直接、減額交渉する
  • 税理士を変更する

税理士に直接、減額交渉をする

じつは、税理士に直接減額交渉をするのは方法論としてはあるけど、成功確率も低いし、おすすめできません。

税理士側からしても、減額交渉を引き受けると、
「じゃあ、これまでの顧問料は何だったの?」と突っ込まれるのもイヤなので応じにくいです。

実際、私も税理士事務所勤務時代、財務状況が悪化している以外で減額した経験はありません。

そもそも、減額交渉をする顧客自体がいませんでした。

税理士を変更する

税理士の顧問料の見直し方法として、一番現実的なのは「税理士変更」です。

ただ、顧問料減額のための安易な税理士変更は危険です。

なぜかというと、安かろう悪かろうでサービスが低下してしまうからですです。

税理士変更するなら、同じサービス品質を保って顧問料を減額しないと意味がありません。

では、どうやったら実現できるかというと、一定のサービスの質がある複数の税理士から選ぶしかありません。

とはいえ、それができれば苦労しないですよね。

そこで、税理士紹介サイトを利用してみることをおすすめします。

もっとも効果的な顧問料の見直し方法

税理士紹介サイトというのは、一言で言うと、
納税者と税理士のマッチングサイトです。

あなたが希望する条件を税理士紹介サイトに伝えると、登録税理士の中から、希望に合う税理士を選定して紹介してくれます。

税理士紹介サイトは無料で利用できます。
ほとんどの税理士紹介サイトは、契約に至るまで、何度でも税理士を紹介してくれます。

無料で利用できるなら、税理士紹介サイトは、どうやって運営してるのか疑問ですよね?
じつは、税理士紹介サイトは、税理士から紹介料を受けとることで運営しています。

税理士紹介サイトがどんなものかはわかったけど、本当に税理士費用がやすくなるのか疑問ですよね。

そこで、業界最大手の税理士ドットコムの例を紹介します。

「税理士費用の見直し」を得意とする税理士紹介サイト「税理士ドットコム」では、利用者の71.4%が税理士費用の削減に成功しています。

税理士ドットコムの公式サイトはこちら

具体的にどれくらいの金額、割合で削減できているか?

税理士ドットコムの事例を見てみると、金額的には10万円から42万円、削減の幅は30%~50%もの割合になります。

税理士ドットコムの公式サイトはこちら

税理士ドットコムで税理士費用が安くなる理由

税理士ドットコムを利用すると、なぜ税理士費用を大幅に削減できるのか?というと、その理由は次の二つです。

  • 税理士紹介サイトは、自動的に相見積もり状態になるから
  • 税理士ドットコムは登録税理士が多いから

税理士紹介サイトは、自動的に相見積もり状態になるから

税理士紹介サイトは「自動的に相見積もり状態」になるというのは、

税理士紹介サイトで税理士を紹介してもらう際、1回でマッチングすることはあまりないので、通常は2~3人の税理士を紹介してもらい、面談で話を聞いたうえで決定します。

税理士紹介サイトに登録している税理士は、当然この仕組みを知っています。

つまり、面談の時点で「おそらく複数の税理士と面談しているだろう」と認識の上で税理士費用を提示してくることになります。これが「自動的に相見積もり状態」になっているということなんですね。

ですから、仕事が欲しければ、安めの税理士費用を提示します。

税理士ドットコムは登録税理士が多いから

税理士ドットコムは業界最大手で登録税理士数は6,000名以上です。

つまり、税理士ドットコムの登録税理士は競争の激しい激戦区で戦っています。そのため自ずと税理士費用は価格競争で低価していくことになるんですね。

 まとめ

税理士費用を削減したいなら、税理士紹介サイトを利用するのがおすすめです。

中でも税理士ドットコムは業界最大手で登録税理士も多いので、サービスの質を落とすことなく税理士費用の見直しが可能です。

税理士費用は、顧問契約にしていれば、毎月毎月支払いが生じます。高い費用を延々と支払うことのないように思い立ったら、問い合わせだけでもやってみましょう。

税理士ドットコムの公式サイトはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

-税理士費用