確定申告はわかりにくいと感じていますが、
それには理由があります。

それは、世にある本やネットの情報がいろんな所得を一緒に解説するからで、
例えば「せどり」に絞ると簡単に理解できます

せどらーであり、前職は税理士事務所に18年勤務した私が解説します。

この記事ではどんな人が確定申告が必要で、どんな流れで、どうすれば楽にお得にできるのか?をわかりやすく説明します。

ポイント

この記事を読むことで確定申告の具体的なやり方がイメージできて、すぐに始めることができます。

この記事の内容

  • 確定申告はどんな人がするの?
  • 儲かってないはずなのに税金がかかる?せどりの落とし穴
  • せどりは国税庁からマークされている
  • 税金を少なくする方法は?青色申告が得な理由

 

確定申告はどんな人がするの?

確定申告のやり方はくわしくこちらの記事にまとめています。合わせてどうぞ。

確定申告とは

1月1日から12月31日までの事業の収入や臨時の収入を、
翌年2月16日から3月15日までの期間に「確定申告書」という書類に記載して税務署に届け出て、納付する税金があれば納付する、逆に税金を払い過ぎていれば還付を受ける手続きをいうんですね。

 

 

せどりの確定申告はいくらから?

じつは、せどりをやっている人すべてが絶対、確定申告が必要かというとそうじゃないんです。
じゃあどんな人が必要か?
ここではサラリーマンが「副業」でせどりをする場合を見てみましょう。

せどりを副業でやっているサラリーマンの場合、
確定申告が必要になるのは、
せどりの所得が年間20万円を超えた場合です。

ここでいう「所得」というのは、「利益」のことで、
売上から経費を差し引いた金額です。

売上 - 経費 = 利益

どうでしょう?
副業で年間20万円を超えると確定申告が必要になります。

利益なんてそんなに出てないから大丈夫!

と思ったあなた!
じつは、この利益の考え方が「せどり」には特有のものがあります。

儲かってないはずなのに税金がかかる?せどりの落とし穴

手元にお金が残ってないのに税金の計算上、「利益が出ている」
せどりにはこんな可能性があります。

そのカギは棚卸しです。

仕入は支払ったときに経費にしてますよね?
ふつうはこれで問題ないんですが、
期末には、売れていない商品の仕入金額は経費にできません。

これ、会計の決まり事なんですが、
「仕入れた商品は売れたときに経費にする」ことになっています。

下図を見てください。

たとえば、8,000円で仕入れて10,000円で売れる商品があります。
商品➊、➋、➌は売れたので、今年の売上は30,000円です。入金も30,000円になります。

では、仕入れの方は、どうなるかというと、
➊、➋、➌、➍と4個仕入れたので、出金は32,000円です。

ただし、「会計上」経費になるのは、売れた分の➊、➋、➌だけで、24,000円です。

ここで税金を計算します。
仮に税率が10%とすると、

税金の計算

[利益の計算]
売上30,000円ー仕入24,000円=利益6,000円
[税金の計算]
利益 6,000円×税率10%=税金 600円

仕入れても売れなければ、
経費とはならず、出費が32,000円あるのに、経費になっているのは24,000円となります。

じゃあ、お金はいくら残っているかというと、、、

お金の計算

入金 10,000円×3個=30,000円
出金      8,000円×4個=32,000円
残金 30,000円ー32,000円=▲2,000円

手元にお金がない、
むしろ赤字なのに税金は発生するという状況です。

じゃあ、やっぱり確定申告やめといた方が得じゃない?
ところが、せどりなどのインターネット取引は国税庁がマークしているんです。

せどりは国税庁からマークされている業種

下図をご覧ください。
これは、国税庁が公表している個人への税務調査の調査状況のレポートです。

赤の下線部分、
「インターネット取引を行っている個人に対しては、資料情報の収集・分析に努め、積極的に調査を実施します」と記載しています。

その理由は、、、

平成29事務年度1年間で、申告漏れ所得金額が219億円あり、その半数以上を占めるのが、以下の4つの業種なんです。

  • ネット通販
  • コンテンツ配信
  • ネットオークション
  • ネット広告

国税庁は、ここを「無申告の温床」だと認識しています。

ちゃんと、申告しないとまずいですよね?

確定申告の流れ

いざ、確定申告っていわれても具体的にどうするのか?
初めてだと、なかなかイメージできないかもしれません。

そこで、ざっくり説明すると、こんな流れになります。

簡単な流れ

  1. 売上、仕入、経費の集計
  2. 確定申告書の作成
  3. 確定申告書の提出

1.売上、仕入、経費の集計

売上、仕入、経費の集計はエクセルや手書きのノートでもかまいません。
仕入や経費は、取引先や支払った店舗から発行された請求書、領収書は必ず保管するようにしましょう。

また、上述した仕入れ商品のうち、今年度売れ残った商品は、「期末在庫」として、仕入からは除外します。

2.確定申告書の作成

3,確定申告書の提出

確定申告書の提出は、
書面で郵送するか、電子申告するか2とおりの方法があります。

どちらがおすすめかというと、副業でせどりを始めたばかりなら、
「書面での郵送」がおすすめです。

というのも、電子申告は、

✔ マイナンバーカード方式

✔ ID・パスワード方式

とあるのですが、どちらもちょっと面倒なんです。

ココがダメ

マイナンバーカード方式

事前にマイナンバーカードの取得とそのマイナンバーカードを読み取るICカードリーダライターの購入が必要。

ココがダメ

ID・パスワード方式

ID・パスワード設定のため、事前に税務署に訪問し税務署職員に本人確認してもらう必要がある

せどりの税金はいくらかかるのか?

 

せどりで利益が出ると税金は、所得税と住民税がかかります。
所得税は、「超過累進税率」といって、所得が高くなるにつれ税率も高くなります。

一方住民税は、一律10%です。

くわしい計算方法をこちらの記事にまとめているので、合わせてごらんください。

よく聞く青色申告とは?

確定申告の話になると「青色申告」のことを聞いたことがあるかもしれません。

この青色申告は、税制上メリットのある確定申告の手法です。

青色申告は、「事業所得」でないと適用できません。
ところが、副業でせどりをする場合、会社からの給与があるので、サラリーマンが本業になります。

そのため、副業のせどりは「事業所得」ではなく「雑所得」になります。

つまり、副業では青色申告はできないんです。原則は、、、

「そう、原則は。」です。
じつは、ご存知かもしれませんが、副業で青色申告する人もいますよね?

そこは実際どうかというと、、、
これについては長くなるので別記事にまとめました。

せどりの確定申告を税理士に依頼する

ここまで読んできていかかですか?

やっぱり、面倒くさそう
誰かかわりにやってくれたらいいのに
その考え方、まちがってないですよ。
確定申告書が作成できてもあなたのビジネスでは1円もお金を生みません。

たとえば、あなたが1日6時間で20日間せどりに費やして、
月収20万円だとしたら、時給1,666円です。

帳簿の作成から始めて、確定申告に1日8時間で10日間費やしたとします。
その時間をせどりに使っていれば、133,280円を稼ぐ計算です。

この金額、確定申告を税理士に依頼するくらいの金額なんです。

てことは、確定申告を自分でするというのは、
確定申告を税理士に依頼して、自分はせどりに専念するのと変わらないんですね。

むしろ、リサーチとかに時間を使えば、
優良な仕入リストという資産を構築できるので、プラスになりますよね。

ただ、税理士に依頼して失敗しないように検討するならこちらの記事を読んでみてください。

 

相続の税理士選び

2021/5/12

相続の税理士の選び方とタイミング

相続の税理士選び、初めてのことだし、 どのタイミングで税理士に相談したらいいの? どんな税理士に相談したらいいの? といった疑問がありますよね。インターネットで答えを探しても、回答しているのが税理士だと、どうもポジショントークに思えてしまう。 でも、税理士選びを適当にしてしまうと、経験の浅い税理士に依頼して、大した節税提案もないうえに、のちのち、税務調査で間違いを指摘され、追徴課税なんてこともあり得ます。 そこで、税理士事務所に通算18年勤務し、相続税の申告や税務調査に立ち会いをやってきた私が、税理士とは ...

ReadMore

相続の税理士選び

2021/5/17

相続の税理士の選び方、税理士が言えない3つのポイント

「相続税の申告が必要かも。」と思ったとき、つぎの3つのことが気になりますよね? 相続税の申告に税理士は必要か? 相続税の税理士費用の相場はどれくらいか? 相続税の申告での税理士の選び方 インターネットで調べても答えているのが税理士だと、 そりゃあ、自分の都合のいい回答をするんじゃない?と思えますよね。 そこで、 税理士事務所に通算18年勤務し、相続税の申告、税務調査の立ち会いもやってきた私が解説します。 この記事では、 ✓ 相続税の申告には税理士が必要か? ✓ 相続税の税理士費用の相場はどれくらいか? ✓ ...

ReadMore

法人の税理士選び

2021/5/3

法人の税理士費用の仕組みと相場を知って税理士費用を安くする二つの方法

✅税理士費用ってそもそもどんな料金形態? ✅税理士費用の相場ってどれくらい? ✅税理士費用を安くする方法ってあるの? 税理士に依頼したくても、税理士費用そのものがわかりにくくて戸惑いますよね。 じつは、税理士費用は、同規模・同業種・関与度合いが同じなのに金額がまったく違うこともあります。 注意ポイント あとから税理士費用が高くても、なかなか値下げは言いづらいし、後悔しないように、事前にしっかりチェックしておきましょう。 この記事では、 この記事の内容 ●税理士費用 ...

ReadMore

法人の税理士選び

2021/5/3

税理士変更で税務調査がくる2つの原因

✔税理士を変更すると税務調査が来るの? ✔税理士変更後の税務調査は、次の税理士が立ち会ってくれるの? 税理士を変更しようと思っても、税務調査があると思うと躊躇(ちゅうちょ)しますよね。 ただ、「税理士変更で税務調査が来る」というのが正しい情報じゃなければ、 合わない税理士と我慢して付き合うほうがストレスですよね? それが何年も続いても我慢できますか? この記事では、 税理士変更で税務調査が来るのか? について 税理士事務所で通算18年実務に携わった私が、その真相を経験をもとに解 ...

ReadMore

法人の税理士選び

2021/5/17

税理士変更でやってはいけない2つのポイント【元税理士事務所職員が解説】

●税理士と合わない。 ●担当者がコロコロ変わるし、なんか頼りない。 ●質問しても回答が遅い。 など税理士や会計事務所に不満があるのに、 「断るのは気が引けるなぁ」と思っていませんか? それを放っておくと、 注意ポイント ✔担当者が未熟で経理処理のミスをチェックできずに税務申告してしまう。 ✔税務調査で決算処理のやり方がまずくて否認される。 ✔意思疎通ができず、ストレスになる。 ✔会うのも話すのもイヤになる。 という最悪の事態になりかねません。 とはい ...

ReadMore

 

2020年11月2日

Copyright© 失敗しない税理士の選び方 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.