税理士変更

税理士の解約理由になった不満ランキング【第1位】コミュニケーション46.7%

税理士に対する不満で、

  • 税理士が偉そうに言う、同じことを何回も聞いてくる
  • コミュニケーションがとれず誤解が多い
  • 年1回しか連絡がない、訪問がない

と悩んでいませんか?

じつは、税理士との契約を解約した理由の46.7%は上記のようなコミュニケーションによる理由でした。

税理士とのよいコミュニケーションがとれないまま、契約を継続しても、ストレスをためるだけで、よいことはありません。

そこでこの記事では、

この記事の内容

✅コミュニケーションに難があるなら税理士変更すべき理由

✅事業者のうち3割が税理士変更の経験がある

✅税理士の解約のタイミング

✅税理士契約中でも税理士変更する方法

✅税理士を変更した成功事例

について、

税務の実務に通算18年従事した、元税理士事務所職員の私が業界経験者の内部からの視点で解説します。

税理士への不満のモヤモヤを解消し、ストレスなく事業に注力するための具体的手順をしっかりチェックしましょう。

コミュニケーションで税理士への不満があるなら、税理士変更をするべきです。

税理士変更というと、経験がなく不安かもしれませんが、事業者のうちの3割は税理士との解約をした経験があります。

今の時代、税理士との関係もビジネスライクに考えるのが一般的です。

コミュニケーションに問題があるなら税理士変更すべき理由

税理士向けの会計ソフトを扱うミロク情報サービスのアンケートでは、税理士との契約を解約した理由の1位は46.7%で「コミュニケーション」に関することでした。

コミュニケーションのなかで主な理由をまとめると、

  • 税理士が偉そうに言う、同じことを何回も聞いてくる
  • コミュニケーションがとれず誤解が多い
  • 年1回しか連絡がない、訪問がない

となっています。

税理士事務所で働いていた立場からしても、この理由は解約当然の理由です。

サービス業としては「ないなぁ」と思うほどの内容です。

もし、あなたが同じような不満をもっているなら、
すぐに解約して新しい税理士に変更することをおススメします。

上記の理由では、十分なサービスを受けてるとは言えないです。
そこで不満も募るようだと、お金をはらってストレスを買うようなものです。

事業者のうち3割が税理士変更の経験がある

とはいえ、
税理士の解約なんて、そんなにするものなの?

と疑問に思うかもしれません。

税理士は、他のサービス業と違って、

会社の大事な内部資料や預金通帳までを開示することもあって、そう簡単に変更するものではないと思われています。

確かに、いい税理士なら永く付き合うべきですが、コミュニケーションに支障をきたす場合は、話は別です。

現に、事業者のうち約3割は税理士の解約を経験しています。

 

税理士の解約のタイミング

税理士を変更するといっても、決算や税務申告に支障をきたしては意味がないです。

そのためには次の順序で税理士変更を行います。

ポイント

➊次の税理士に渡す書類の確認

➋新しい税理士を探す

➌現在の税理士との契約を解除

現在の税理士と解約する前に、次の税理士を探すというのは意外かもしれません。

これには理由があって、契約中の税理士を解約してから、次の税理士を探すとなると、もし見つからなかった場合、

注意ポイント

  • 決算が組めず、申告書が提出できない
  • 申告書が未提出で税務調査が来る

という最悪の事態を招くからなんです。

実際、私は、税理士変更で次の税理士が決まらず、申告書が未提出となり税務調査が来たということを実務で経験しました。

↓詳しい内容はこちらの記事で。

税理士変更でおさえておきたい3つのポイントと、よくある4つの疑問

続きを見る

そんな事態に陥らないよう、最善を尽くしましょう。

税理士契約中でも税理士変更する方法

税理士契約中で、新しい税理士を探すといっても、

どこで探すのか?
しかも、仮に見つかったとして、「まだ現在税理士と契約中ですけど、顧問税理士になってもらえませんか?」なんて打診しにくいですよね?

そんな訳ありでの契約の打診、

うまいこと言ってくれる人がいたらなぁ。

と思いませんか?

じつは、いるんです。

それが税理士紹介サイトです。

税理士紹介サイトというのは、利用者と税理士をマッチングさせるサービスで、希望する条件を税理士紹介サイトに伝えると、登録税理士の中から、希望に合う税理士を選定して紹介してくれます。

利用はもちろん無料です。

税理士紹介サイトで、担当者に、今のあなたの状況である

①税理士変更を予定していて、
②まだ、現在の税理士と契約中で、
③契約解除後に新しい税理士と契約する

ことを伝えればOKです。

とっても簡単で、全くストレスなく税理士探しができますよね。

税理士紹介サイトの業界最大手の税理士ドットコムでは、税理士変更の場合には円満に解約できるようにアドバイスもしています。

税理士紹介サイトをつかった税理士の探し方、税理士紹介サイトの利用の流れはこちらの記事で解説しました。

税理士紹介サイトの紹介事例

税理士紹介サイトをつかった税理士探しといわれても、なかなかイメージわきづらいですよね。

そこで、業界の老舗で26年のキャリアを誇る「税理士紹介センター」の紹介事例を調べてみました。

サービスに歴然の差を感じた事例

コーディネーターに相談するうち、税理士変更への恐怖感が期待感に変わりました。実際に先生にお会いしてさらに驚き…!これまでのサービスとの歴然の差を感じました。

業界に精通した税理士の事例

税理士変更というのは大きな決断…。意を決して相談しました。業界に精通した先生だからこその取り組みやアドバイスを聞いて即決。もっと早くにお願いしていればよかった(笑)

経営の良きアドバイザーと出会えた事例

さらなるレベルアップのために顧問変更を検討。経営の良きアドバイザーとなる先生に出会えました。

何より先生の人間性に惹かれたのが決め手となりました。

税理士紹介サイトをつかうと、先に「どんな税理士がいいか」の要望を伝えたうえで、担当者に探してもらうので、期待外れな方が珍しいんですよね。

せっかく税理士費用を払うなら、
ストレスをためる相手ではなく、満足を得られる方に払いましょう。

まとめ

もし、今あなたが税理士に対して

  • 税理士が偉そうに言う、同じことを何回も聞いてくる
  • コミュニケーションがとれず誤解が多い
  • 年1回しか連絡がない、訪問がない

という不満を抱えているなら、思い切って税理士変更するのをおススメします。

その際、税理士契約を解約して、次の税理士が間に合わず、決算が組めず申告書の提出が遅れるなどのリスクを回避するために次の順序で税理士変更を行いましょう。

ポイント

➊次の税理士に渡す書類の確認

➋新しい税理士を探す

➌現在の税理士との契約を解除

税理士変更の際には税理士紹介サイトを使うと便利です。

ただし、税理士紹介サイトは十数社あります。規模も大小さまざまです。しっかり比較検討したうえで選びましょう。

税理士紹介サイトおすすめの大手三社の比較記事はコチラです。合わせてご覧ください。

おすすめの税理士紹介サイト【2021年最新版】主要5社比較ランキング!

続きを見る

最後までお読みいただきありがとうございました。

事業主の約3割が経験した税理士契約の解約、解約理由になった不満ランキング

続きを見る

-税理士変更