確定申告 経費

確定申告に使う領収証でやってはいけない2つのこと

2020年1月18日

確定申告のときの領収書って提出するの?
まとめ方のコツは?
領収書がないときはどうするの?レシートでもいいの?
という疑問に
税務の実務に通算18年従事して、税務調査に100回以上立ち会った私の経験から、実務レベルで解説します。

領収証は経費の支払をしめす大事な書類で、
税務調査では、もっとも基本となる証票です。

今回は、領収証の保管方法から領収証がない場合の対策、
税務調査の事例から見る、やってはいけないこと」まで実務レベルで解説しています。

これを読むことで確定申告の領収書の大事な知識がわかり、
税務調査の時の不安もなくなります。

こんなモノまで! 領収書をストンと経費で落とす抜け道

確定申告で領収書は提出しない

はじめて確定申告する場合など、経費にした領収書は添付しなきゃいけないの?
と、思うかもしれませんが、
確定申告で経費に計上した領収書は提出不要です。
ただ、保存の義務はあります。

税法上は「台紙に貼付する」ことを義務付けたりしていないので、貼る必要はありません。

確定申告の領収書のまとめ方

領収書の期間

確定申告の領収書の期間は、1月1日から12月31日のものに限ります。
令和2年2月17日(月)3月16日(月)の期間の確定申告は「令和1年分」の確定申告なので、
平成31年1月1日から令和1年12月31日までの領収証が該当します。

年の中途で事業を始めた場合、
例えば、令和1年7月1日から事業を開始している場合には、領収書の期間は、
令和1年7月1日から令和1年12月31日までとなります。

領収書の期間

■通常
1月1日から12月31日

■年の中途で事業を開始した場合
事業開始の日から12月31日

領収書の仕分け方法

領収書をどんな順番や項目でわけるべきか悩むところですよね。
考えられる仕分け方としては、
「経費」や「日付」で分けることだと思います。

で、どっちがいいかというと、
「領収書をよく見返すので経費で区分したい」という人以外は、
私見ですが、私は実務上「日付」を優先していました。

なぜ「日付」かというと、早く探せるからです。
たとえば、車で移動した際の有料道路の領収書を探すとします。

あとから考えると、有料道路の通行料は、
「旅費交通費」にしたのか「車両費」にしたのか、あまり頻発しないので「雑費」にしたのか、
分からなくなるものです。

領収書を経費別にしていると、一回で見つかればいいのですが、
見つからなければ
「旅費交通費」、「車両費」、「雑費」と三か所見ることになります。

ところが、日付で管理していれば、その日付のページを探すだけなので、
手間が激減します。

領収書の台紙

領収書を貼る台紙は何でも構いません。
販売されている貼付台紙を使う必要はなく、A4のコピー用紙に貼ってまとめるのがいいと思います。

台紙で気を付けなければいけないのは、
取引先とのやりとりのもので、不要になった見積書やFAX送信されてきた注文書、
連絡文書などを裏紙として使用していると、税務調査では調査官は「その情報」をよーく見ています。
見られてよいものならいいのですが、不要な情報開示はしたくなければ、避けておいた方がよいでしょう。

また、読まなくなった雑誌を領収書台紙として流用する人もいますが、
それ自体問題はないのですが、個人の趣味趣向がでるので、注意が必要です。

というのは、たとえば車関連の雑誌を台紙に流用していると「車好き」という情報が調査官の頭に入るので、「車両費」の項目にプライベートに使うパーツ関連が入っていないかなど注視される可能性はあります。

領収書の貼り方

領収書の貼り方は、
1枚1枚めくって内容が見られるのであれば、下の画像のように、
重ねて貼って問題ありません。
むしろ、そのほうがかさばらず整理がしやすいです。

ちなみに、領収書は貼付義務があると思われていますが、
台紙に貼らなければいけないというきまりはありません。きちんと保存できていれば、
箱などに収納していても問題ありません。

確定申告で領収書がない場合

慶弔費などは、ふつう領収書が発行されません。
で、そんな場合どうするかというと、
事業の関係者の結婚式によばれて、ご祝儀をつつんだ場合、当然領収書は発行されないですよね。
その場合招待状を保存します。
払った金額はどこにも明示されないので、出金伝票を用いてそこに記載します。

出金伝票は下の画像のようなもので文房具屋さんで売っています。

出金伝票の記載事項

1.支払日
2.支払先
3.勘定科目→慶弔費などで、相手が取引先なら交際費
4.摘要→支払いの内容
5.支払金額

自分で書いた出金伝票なんかでいいの?と思うかもですが、
大事なのは記録し、それを帳票として残しておくことです。

領収書の保管期間

領収書の保管期間は、所得税法上で定められています。
青色申告の場合7年間、白色申告の場合5年間となります。

国税庁 帳簿等保存

領収書の宛名が上様だと経費にできない?

領収書の宛名は、基本的にきちんと記名してもらうべきです。

じゃあ上様だと経費として認められないということは実務上あまりないです。
税務調査の立ち会いなどでも、
上様の領収書がでてくることはありますが、
経験上基本的には
「次回からは、きちんと記名してもらってください」
と指導で済んでいるケースがほとんどです。

確定申告の領収書にレシートは使えるか?

所得税でレシートでも可能という記載はないのですが、
実務上はレシートでも問題ないです。税務調査でもレシートを提示して領収書でなきゃダメとの指導もありませんでした。

領収書の本来の意味は支払いについての客観的な証拠です。
そこを充たすことが大事で、そう考えると
領収書よりも細かい内容の記載があるのはむしろレシートの方です。

確定申告の領収書でやってはいけない2つのこと

この章がこの記事の最も大事なところですが、
やってはいけない二つのことは、

注意ポイント

経費でないものを適当に計上する

領収書を知人にもらう

経費でないものを適当に計上する

確定申告の段階で思いのほか利益が出て、
「とにかく経費をあげなくちゃ」となんでも領収書をかき集めると、やってしまうミスがあります。
例えば書籍代、事業に関係する資料として買った書籍ならいいのですが、
たまにあるのが、レシートをよく見ると「児童書」という記載。

子供向けの教材を作るようなビジネスならいいのですが、
ご自分のお子さんに買った書籍は経費になりません。

領収書を知人にもらう

領収書を知人にもらった場合でバレたケースの実例を二つご紹介します。
で、これは、確定申告の期限が迫った中であわてて計上するので頻発します。

領収証の発行ナンバーが連番

これは、領収書に番号が付されているものでわかったケースですが
たとえば、A店という飲み屋さんの領収書があり、1つは日付が1月17日で領収書番号が00161だったとします。もう一つ同じA店の領収書があり、こちらは日付が2月24日、領収書番号が00162というケース。

いくらなんでも、領収証が1か月以上の間発行されないことはないですよね?
これは、A店の店主が知人で、あわてて領収書を発行してもらって起こったケースです。

同じ日付で、物理的に無理なものが混在している。

これ、どういうことかというと、
たとえば、1月20日ー21日に大阪に出張の新幹線の乗車券があるのに、
1月20日付で東京の居酒屋の領収証がある。

20日に大阪に出張に行ってて、その日の夜に戻ってお酒を飲みに行くって考えにくいですよね?

物理的に無理なので、どちらかが嘘なわけですが、
これ、実際にあった事例で税務調査で発覚し、
居酒屋の領収書が知人にもらったもので経費にできないものでした。

ただ、税務調査の場合は、「この領収書が嘘です」だけでは通らず、
本当である出張旅費の正当性を示すように言われました。

たまたま、手帳に打ち合わせの記録があり、それで証明できたのでよかったのですが、
もし、その記録がなければ、本当の経費まで疑わしいものになるところでした。

やってはいけない理由

上記の二つ、なぜやってはいけないのか?というと、
いずれも「架空経費」つまり「嘘の経費」ということになります。

同じ領収証でもプライベートのものを経費にするのとは扱いが異なります。

経費がプライベートのものか事業のものか線引きしづらいものもあります。
それを経費とするか否かは、解釈の相違もあります。

ところが架空経費は嘘ですので、
税法上は、仮装隠ぺいの類になり、重加算税の対象となります。
これは、行った行為に非があるわけで、金額の多寡ではありませんので、
くれぐれもやらないようにしましょう。

 

こんなモノまで! 領収書をストンと経費で落とす抜け道

-確定申告 経費

Copyright© 失敗しない税理士の選び方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.